水の中にiPhoneを落としてしまう。

2018/12/12 webmaster 10

iPhoneやスマートフォンの修理メニューに水没という項目があります。

読んで字のごとく水の中に落としてしまった携帯電話の修理です。水の中に落としたアイフォンをそのまま使うのはとても危険です。修理の必要があります。

iPhoneはバッテリーで動いています。要は電気が流れています。そこに水が流れることでショートしたり、本来流れない箇所に電気が流れてしまったり基板を痛めてしまいます。また電気は流れずとも精密機械の基板は水気に弱く、錆びたり、腐ったりする危険があります。なので一刻も早く水気を除去しクリーニングする必要があります。

水没後放置して壊れた基板は高額な費用の発生する修理をしない限りはデータを取り出すことができませんし、状態が悪ければ直らないこともあります。

まとめるとアイフォンやスマホが水没したら一刻も早く修理屋さんに持ち込んで修理してもらわないとデータを失う危険があるということです。

水没した際に心がけてほしいことを書きます。

・電源が入っていたら電源を切る。

・電源が切れていても電源を入れない。充電しない。

・水気を切ろうと振らない。

・ドライヤーや電子レンジで乾かそうとしない。

・お米や乾燥剤と一緒にして放置しない。

人間も濡れている時に電気を浴びたら死んでしまうと思います。スマートフォンも濡れている時に電気を流されたら死んでしまいます。

乾かそうと高熱にすると基板が痛みます。

放置したらしただけ内部が腐ります。

新しく発売されたスマホは防水・防塵性能が付いています!と謳っていますが、完全防水ではありません。メーカーの意図しない環境で使った場合は水没します。

またこの時期寒くて夜はお風呂に入る方も多いのではないでしょうか?防水・防塵性能は隙間をテープで埋めて実現しています。しかしそのテープは熱に弱いです。お風呂などで温まると緩々です。内部に浸水しやすくなってしまうので、お風呂に持ち込むのはそもそも止めましょう。ジップロックを過信するのも止めましょう


東京のiPhone/ipad/Android修理ixrepairでは「充電されない、充電できない充電口(ドックコネクタ)の交換修理」「勝手に電源が落ちる、消耗が激しいバッテリー交換修理」「レンズ割れ、写真に黒い点が映り込む、ピントが合わない症状をカメラ交換修理」など様々な故障や不具合の修理を承っております。お困りのことがありましたら是非一度ご相談いただければと思います。


当店12月中旬に中野駅北口に移転いたします。お近くにお住まいの方はぜひご利用くださいませ。

03-6421-7958

中野店