iPad5(A1823)充電できない、基板修理でした|iPad修理の専門家ixrepair中野店

2019/03/10 iPad、Android修理のixrepair 150

タブレット使用してますか?

2017年発売されましたのiPad5はiPadAirの強化型です。

採用したの部品やICチップもiPadAirとほぼ同じです。違うのはホームボタンが指紋認証機能を追加しました。

なぜiPadAirの進化型を開発しますか?iPadのモデルはいろいろがありますが、Airは2019年の現在でも一番人気のモデルです。

但し、iPadAirは2013年生産されたタブレットですので、4年経過しましたら、パフォーマンスが足りない問題が出てきます。

ですので、Appleは2017年iPadAirの進化型iPad5を発表しました。

Airシリーズと同じ軽いし、当時最新のtouchID機能も使用できますし、パフォーマンスもAirより強いです。


今回の修理ブログは「iPad5(A1823)基板修理です。

症状:iPad(アイパッド)は地面に落とした、充電口の部分が凹んでしまいました。

そのあと充電できなくなりました。

1551668818131830.jpg

大変ですね、電力は電気機器の命です。

充電できないと使用できません。

最初はドックコネクタを壊れたと思いました。

基板まで分解しまして、ドックコネクタは折れましたので、ドックコネクタ交換してみます。

1551667724106828.jpg

しかし、症状が改善してません。

コネクターの不かも!と思いました。

もう一個新しいコネクターを交換してみても症状が改善してません。

もしかして、落としたの際に基板まで傷をつきましたかもしれません。

基板に検査してみました。

たしか、接続の点はいくつが無くなりました。

困りりました、この症状は基板修理の中に一番難しい修理です。

修理可能ですが、時間がかかります。

損傷したの所にやり直して、コネクターを交換します。

1551669052155746.jpg

充電できるようになりました。

今回の修理は1日かかりました(ドックコネクタだけ交換の場合は1時間半)

※基板修理はモバイル修理の中に一番難しい修理です。一般的の修理屋さんができません。


日本全国郵送修理

iPadやXperiaなど一般的な修理屋さんが対応できないの端末でもixrepairにお任せください!

当店は郵送修理(配送修理)も行っております。

ご来店困難の方にもサービスを提供します。

郵送修理の修理料金は来店と同じです。

修理料金7000円超えますと返送料無料となります。

郵送修理の流れはお問合せフォームから

下記は神奈川県郵送修理対応してるエリアです。

横浜三浦藤沢 辻堂 海老名 相模原

相模原中央 小田原相模原 相模湖 丹沢湖 箱根

03-6421-7958

中野店