iPhone自己修理とパーツ購入の注意事項

2019/05/24 iPhone修理のixrepair中野本店 43

iPhone壊れた時はどうしますか?

8割の方はキャリアさんに持っていきます、1割の方は民間修理屋さんに修理します。

残り1割の方は自己修理します。

アイフォンでも自分で修理できますか?

答えは「YES

1558671252188306.png

アイフォンの構造が簡単ですので、画面交換、バッテリー交換などの交換修理は自らできます。

携帯の構造ちょっと詳しい型でしたら、ドックコネクタも自分で交換修理できます。

しかし、自己修理はいくつの注意点があります。

①修理工具の準備

アイフォンの修理は少なくとも「+ドライバー」と「星ドライバー」が最低限の工具です。

この二つがないと修理できません。

iPhone7以後の端末は「Y字ドライバー」が必要になりました。

もしご使用中の端末は「iPhone7」以後のモデルでしたら、最低限の修理工具は3つが用意しないよ修理できません。

②パネルのテスト

ネットで購入したのパネルは不良率が高いですので、修理前と修理後必ず動作確認してください。

③端子とケーブルの外すは要注意

アイフォンの修理は簡単ですが、精密機械ですので、ちょっと力が入れすぎると本体が壊れてしまいます。

ですので、端子とケーブルを外すの際に力が入れすぎないように交換します。

④念のために、バックアップ取ってから作業します。

専門の修理屋さんに対して、画面交換、バッテリー交換など簡単な作業でしたら、データ消えずに修理できます。

一般の方は修理経験数が少ないですので、トラブルになりやすいです。

念のためにバックアップ取ってから修理した方がおすすめです。

⑤濡れ、静電気要注意

普通に修理したのに、なぜ壊れましたか?という状況もあります。

実は静電気と水は機械の天敵です。

濡れてるの手で作業すると、水没になります。

乾燥してる環境で作業すると静電気を発生しやすいです。

ですので、一番いいのは加湿器を付けて作業します。


次はパーツの購入の注意事項です。

1558671287114106.jpg

ネットショップでiPhoneやXperiaのフロントパネル、バッテリーなどのパーツは簡単に購入できます。

しかしネットショップで購入したのパーツは不良率が高いです。

ですので、パーツを購入の際にいくつの注意点があります。

①メーカー

ネットショップでしたら、色々なメーカーがあります。

9割のメーカーが中国のメーカーです。不良が発生するとき、返品か不良交換は手前がかかります。

一部の携帯電話修理店でもパーツを販売行ってます。パーツの保証や交換修理の手順とかスタッフに聞けます。

②保証あるかどうか

スマホのパーツは不良率が高いですので、必ず保証付きのメーカーを選んでください。

③修理工具

フロントパネルやバッテリー購入の際に、ほぼの商品は修理工具一緒についてます。

しかしiPhone7以後はY字ドライバーがないと交換修理できません。(6s以前の機種は+と星ドライバーが必要です。)

④パーツの種類要注意

スマホのパーツの種類は色々あります。

例えば、iPhoneXのディスプレイは3種類があります。

有機EL再生パネル、有機ELコピーパネル、LCDコピーパネル3つがあります。

値段が違います。もちろん質も違います。

一番いいのは再生パネルですが、ネットであまり販売してません。コピーパネルは一番多いです。

しかし、コピーパネルもランキングがあります。

AAA~C級のランキングがあります。コピーパネルですので、必ずAAA級(高品質)のパネルを購入してください。


以上、自己修理とパーツ購入の注意事項です。

当店はiPhoneのディスプレイとバッテリーも販売してます。(修理工具付き)

直接店頭で購入することが可能です。ぜひご利用ください!



03-6421-7958

中野店